伝統の応援

投稿日: カテゴリー: 事務局長お知らせ, 未分類

事務局長の針崎です。

試合開始

智弁応援

高校野球と云えば、私は小学校低学年の頃に親父とのキャッチボールをきっかけで
少年野球チームに入って野球を始めてから、ずっーテレビに噛付いて見ていた
時期があったので、色々な思いを持って毎回見ているのですが、その中でも高校ごとの
独特でオリジナリティ溢れる応援が印象に残っていて、今でも古豪チームの応援が始まると
ドキドキ、ワクワクしてしまいます。

特に当時印象に残っているのは、私は幼少時代から結婚するまで奈良市で生活を
送っていたので、もちろん奈良県の代表校である天理、智弁学園、そして、大阪の代表校
PL学園のブラスバンドの演奏と応援です。

「パーパ、パ・パ・パ・パ・パン、ドン・ドン」この表現で応援出来る人がいれば
なかり嬉しいですね(笑い)
おそらく、天理の応援の感じになると思います。 間違ってたらゴメンなさいね。
その天理は大会第6日第3試合に登場します。 

そして、今年の大会初日には智弁和歌山の応援団の皆さんが三塁側のアルプススタンドから
もうすっかりお馴染みとなった「C」の一文字と、伝統の応援で選手の皆に声援を
送っていました。(奈良の智弁学園と同じ応援だと思います)

試合は、成田高校に負けてしまったので、智弁和歌山の今年の夏の名物応援は
もう聞けませんが、また必ず素晴らしい応援をやりに甲子園に球児達と共に戻って来て
欲しいと思います。

高校野球は、地元の皆さんの素晴らしい応援も楽しみの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA