厳しい現実!?

投稿日: カテゴリー: 事務局長お知らせ未分類

事務局長の針崎です。

プロ野球は、ペナントの終了と同時に来季に向けたチーム作りがスタート!!

それに伴い、戦力外通告を受ける選手達が出てきます。
これには勝負の世界の厳しさを痛感しますし、逆に何年、何十年も
第一線で現役を続けている選手達の凄さを感じさせられる時です。

50年会では、千葉ロッテの大塚明選手が現役引退を表明をして
来期からはコーチとしてチームに残ることを発表していましたが、
先日新たに、オリックス・バファローズの大村直之選手と清水章夫投手、そして
福岡ソフトバンクホークスの佐藤誠投手が戦力外通告を受けました。

それを受けて、清水章夫投手は現役引退を決意!!
今後はまだ決まっていないそうですが野球を離れて第二の人生を歩まれるそうです。

大村選手はまだまだ野球を続ける思いがあると思いますので
是非頑張って少しでも長く現役を続けて、ファンの皆さんに素晴らしい
プレーを見せて欲しいと思います。

また、メンバーではその他今年はラグビーの大畑大介選手、大相撲の岩木山関と
引退を表明しています。
※岩木山関(関ノ戸親方)からは、このコーナーにご本人から直接メッセージが届いています。

これからは、指導者として、解説者として、その他いろいろと活躍の場所があるかと
思いますので引退後の活躍にも期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA