キャンプ・レポート/3日目(日本ハム編)

投稿日: カテゴリー: 事務局長お知らせ未分類

事務局長の針崎です。

キャンプ巡りも早くも3日目で最終日です。
今日も朝から快晴です!!

6時30分に起床。 ホテルで朝食をとり、今年のキャンプ地で一番注目を集めている
北海道日本ハムファイターズかキャンプをしている名護に向けて出発。

ホテルからは約60km、ちょっとしたドライブです。
沖縄自動車道(今は無料です)を快適に走行して、名護に到着。
あとは、他のレンタカーの流れのままに球場よりもなかり手前の駐車場へ・・・。
もちろん、満車です。

そこから、徒歩で約15分。
テレビで見慣れているブルペンを通り過ぎると、いよいよメイン球場です。

途中、サブグラウンドからメイン球場へ移動する田中翔選手と遭遇。
「大阪から来てん。 がんばってや」と・・・。
キャンプ地ならでの醍醐味ですね。

メイン球場のグランドでは、ウォーミングアップが始まっており、
大勢のファンとマスコミの皆さんが斉藤佑樹選手の一挙手一投足に大注目です。

ウォーミングアップの後は、投手と野手に分かれての練習です。
練習前にコーチから、おそらくですが今日の練習の目的や基本的な事が
伝えられて、新人からベテラン選手まで全員が「ハイ!!」と元気良く返事をしていました!!
気持ち良いですね。 私の周りではあまり見られなくなったシーンにちょっと感動しました。

金子会長も、もちろん円陣に入ってさすがにベテランの風格、存在感抜群でチームの
中心的なポジションにいるのが肌で感じれました。
ショートのポジション争いには若手もどんどん挑戦してくると思います。
昨年怪我をした足には十分に気を付けて、万全の体調で開幕を迎えて欲しいですね。
円陣から私の姿を発見した誠さんからは「めんそーれ・沖縄」と声を掛けて頂きました(笑い)

そして、私の注目選手はこの選手です。
大阪桐蔭高校から入団して今年で4年目になる、中田翔選手です。
身体もかなり絞られて、いろいろと刺激が多い今年に賭ける意気込みがあるように
感じられます。

a href=”http://pro50nen.com/wp-content/uploads/2011/02/36eb88032181aca105ccf3cedee28cdb.jpg”>

また、今年は何と言ってもキャンプの話題を独占しているのが斉藤佑樹投手です。
ファンとマスコミの皆さんが移動すれば、そこには常に斉藤佑樹投手が・・・・・。
斉藤佑樹投手が何処にいるのか探さずに済むので助かります(笑い)

さて、間もなく実戦での最終調整です。
斉藤佑樹投手には日本ハムを、北海道を、パリーグを、プロ野球を、
スポーツ界を、そして日本を全国的にを盛上げて欲しいと思います。
期待してま~す。

そして、いよいよ私のキャンプ地巡りの旅もいよいよ最後の阪神タイガースが
キャンプ地としている宜野湾のみとなりました。

沖縄に着てから5球団目。
ちょっと疲れも(笑い)も出て来ましたが、雰囲気にも慣れてきましたので
しっかりと見学してきたいと思いま~す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA