チャレンジデー2011

投稿日: カテゴリー: 事務局長お知らせ未分類

 

事務局長の針崎です。

今日5月25日(水)は、世界各国で「チャレンジデー2011」が開催されました。
みなさんご存知ですか?
「チャレンジデー」とは・・・・。
プロスポーツ昭和50年会の活動にご賛同頂いて、協力して頂いている
笹川スポーツ財団さんが推奨されているスポーツイベントです。

毎年5月の最終水曜日に世界中で開催されている住民参加型スポーツイベントで、
この日は、人口規模ほぼ同じの自治体同士が、午前0時から午後9時までの間に
15分以上継続して何らかの運動やスポーツをした住民の『参加率(%)』を競い合います。
※今年は競い合うルールではないそうです。

因みに、対戦相手に敗れた場合は、相手自治体の旗を庁舎のメインポールに一週間
掲揚し相手の健闘を称えるというユニークなルールが特徴です。

 

年齢や性別を問わず誰もが気軽に参加でき、『住民の健康づくり』や『スポーツ振興』、
『地域の活性化』のきっかけづくりに最適なスポーツイベントです。

今年は、プロスポーツ昭和50年会から大畑大介さんが大阪府柏原市へ
そして伊藤護さんが埼玉県の「チャレンジデー2011」に参加させて頂きました。

全国的に好天に恵まれてスポツーイベントには最適な一日となったのではないでしょうか?

私が参加した柏原市では岡本市長が実行委員会の会長を務められて、市をあげて
このスポーツイベントに取り組んでおられるのがよく分かりました。

大畑大介さんも開会の挨拶~ちびっこラクビー教室~吹き矢大会~岡本市長との対談
~ソフトテニス大会と精力的に参加をしてきましたよ。

 

 

どこの会場でも参加者から歓迎されて、写真撮影、サイン、握手に質問など
様々な形で親交を深め、改めてスポーツの素晴らしさを「チャレンジテー2011」を通じて
参加された皆さまに少しでも伝える事が出来たのなら、50年会年の活動の一環としては
大変意義のあることだと感じました。

最後になりましたが、今回お招きいただいた関係各所の皆さま方には心から御礼申し上げます。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA