チャレンジデー大使意見交換会

投稿日: カテゴリー: 事務局長お知らせ, 未分類

事務局長の針崎です。

九州地方は梅雨が空けたのでしょうか?
各地で豪雨による被害も出ているようなので皆さん気を付けてくださいね。

今回は「チャレンジデー大使意見交換会」に関して岡幹事長からの報告です。

2011年6月27日に東京都の日本財団ビル内にて、「プロスポーツ昭和50年会と
協力プログラム遂行中の笹川スポーツ財団」主催の「チャレンジデー2011
:本年5月25日全国にて開催」についての、「チャレンジデー大使意見交換会」へ、
岡幹事長、伊藤護が参加してきました。

主な出席者は、小野清子笹川スポーツ財団理事長、渡邊一利常務理事、
長崎宏子評議委員(水泳)、三浦雅生監事(弁護士)、武藤泰明研究調査委員長
(早稲田大学スポーツ学術院教授)と財団の事業部の皆さんでした。

主な議題としては、今年度の実施結果や、来年度に対しての課題、現役アスリートおよび
引退後のアスリートの参加意識等、様々な角度からの意見と内容精査を行い、笹川スポーツ
財団の「スポーツで日本を元気にする」という理念を実行しようと、建設的に議論をしました。

50年会としては、初めての参加でしたので、参加した、伊藤護・大畑大介の意見を基軸に、
「今後も50年会として参加意識はあります。」と発言しまた、岡幹事長が、「引退後のアスリート
や現役アスリートも社会貢献に対する意識は高い。
しかしながら地域や、社会に対する接点をなかなか見いだせていないのが、現状だと感じており、
そのような意識を具現化出来るように、今後も財団との協力を進めていきたい。」とも発言して
きました。

今後は、「50年会としては、様々な社会貢献を今後も進めていきたい」と、チャレンジデー当日
参加した伊藤護・大畑大介両名が言ったいたように、何が出来るかを模索したいと思っております。

なかなか内容のある会議が執り行われた感じが伝わって来ますね。
これからも、しっかりと協力体制を組んで共に意義のある活動が出来れば良いなと
思います。

いよいよ本格的な暑い暑い夏が到来します。  身体には十分に気を付けましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA