残念でした!!

投稿日: カテゴリー: 事務局長お知らせ未分類

事務局長の針崎です。

モナコで3月30日に行われたWBA世界ミドル級タイトルマッチで挑戦者の石田順裕選手は3回2分11秒、王者のゲンナジー・ゴロフキンの右フックでキャリア初のKO負けに屈しました。

試合後、「悔しいけどKO負けでさっぱりしている。 予想以上に強かった。パンチ力は経験したことあるものだが、スピードとテクニックが想像以上」とコメントを残しています。 今後の進退についてもは「今回がラストのつもりでやっていた。日本に戻り、ゆっくり考えたい」と話するにとどめたそうです。

結果は残念だしだが、徳山昌守さんが「モナコの華やかな舞台で、本当に強い王者と戦ったことを誇っていいと思います。 どんどん海外に飛び出し、強い王者に立ち向かう。 第2、第3の石田が出て来てほしい」と云われています。

石田選手には、この戦いの誇りを胸に日本に戻り、また新しい戦いに挑戦して欲しいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA