「チャレンジデー2016」開催ー②

投稿日: カテゴリー: 事務局長お知らせ未分類

事務局長の針崎です。

今年も開催された笹川スポーツ財団主催の「チャレンジデー」にメンバー達が参加してきました。

「チャレンジデー」とは・・・

毎年5月の最終水曜日に世界中で実施されている、住民参加型のスポーツイベントです。

この日は、人口規模がほぼ同じ自治体同士が、午前0時から午後9時までの間に、15分間以上継続して何らかのユニークなルールが特徴です。

年齢や性別を問わず誰もが気軽に参加でき、『住民の健康づくり』や『スポーツ振興』、『地域の活性化』のきっかけづくりに最適なスポーツイベントです。

笹川スポーツ財団では、1993年から日本のチャレンジをコーディネートすると共に、海外都市と対戦するワールドチャレンジデーの窓口機関の役割を担っています。

◆秋田県/伊藤護

「決起集会」

秋田県内では、25市町村すべてがチャレンジデーを実施してます。チャレンジデーの2日前の5月23日(月)に、秋田県知事と25市町村長が一堂に集まり、チャレンジデーの「決起集会」が開催され、メンバーのラグビー元日本代表の伊藤護がチャレンジデー大使として、今年も品化し、笹川スポーツ財団の小野清子理事長と共に、会場が大いに盛り上がりました。

13

14

「熱血指導」

5月24日(火)は、翌日の「チャレンジ―デー」を盛り上げることと、2019年のラグビーワールドカップ日本大会への気運を高めるために。母校の秋田工業高校でラグビー部を指導。 元日本代表の先輩からの熱血指導を受けて、部員たちは55名は心をひとつに練習に取り組みました。

15

16

17

 

 

「チャレンジデー」

5月25日(水)当日は、住民の皆さんと一緒に様々なスポーツを体験して交流を深め、最後は恒例となった男鹿市でま「ラグビー教室」で今年の秋田でのチャレンジデーは終了しました。

18

19

20

21

22